第27巻、バッグ、パフューム。

最近東京駅とか歩いていると、キャリーケースと言うんですか?あの邪魔なファッション性のないカバン。大きいのを持っている人は、「これから海外でも行くのかなぁ。」と思うんですけど、普通のボストンバッグくらいの大きさのカバンに長い取っ手の付いてるヤツを持ってる人、「なんだろうなぁ、どこ行くのかなぁ?荷物持てないのかなぁ?握力ないのかなぁ?階段面倒じゃないなかなぁ?」と思います。
なんかアメーバーの様に何時からか増殖したみたいですけど、アレかっこ悪いと思わないんですかねぇ?中には2ツ持っている人も。あり得ないくらい邪魔ですよね。そんな人に限って、混雑している通路の真中で急に立ち止まったり、スマホで駅内検索したり。「何処から出て来たんだろぅ?ここは東京だよぅ 。分からなければ端に寄ってインフォメーションか駅員さんを探したら良いのになぁ~。」と思います。
画像

ファッションって自己主張的な要素があると思うんですけど、アレって自己主張なんですかね?確かに邪魔だから主張はしていると思いますが。
カバンは自己主張の重要な要素のひとつだと思います。例えば、エルメス持ってると「金持ちぃー」という感じだし、ヴィトン持ってると「ハイハイ」って感じだし、アスプレイとかバリー、ベルルッティとかの革質の良いビジネスバッグ持ってると、「この人好きなんだろうなぁ。」という感じがします。
画像

画像

また昔の話で申し訳ないのですが、ヨーロッパの空港でトュミのキャリーケースというか、システムバッグとかゼロを持っているビジネスマンを見かけた時、「この人仕事できるんだろうなぁ~。」と思いましたけど。なんか今のは、違うんですよね。
昔私が海外出張に出ていた時、私も若かったし、ポーターもまだそんなにみんなが持っているわけでもない頃、グリーンのタンカーを集めていました。ガーメントケースもそれで、いつも出張に行っていました。到着後、荷物を待っているとリフトの前の方にいる外人が私のカバンに触るんです。「ヘイ、ドンタッチ マイ バゲージ!」と言うと、その外人私の方を見て、親指を立てるんです。・・・誉められちゃった。
画像

あの頃はサムソナイトが主流で、空港内をサムソナイトを前屈みでコロコロしている人が多い中、ビジネスバッグや荷物をピックアップして、カートに乗せて移動する方がカッコ良く見えました。
究極カッコ良く見えたのはインド系の人達が 、ずた袋やビニール袋の荷物をピックアップしているところでした。「どれだけ旅慣れているんだ。」という感じです。国際線ですよ、それもヨーロッパ内の。結局、私には真似できませんでした。

なんか海外に誇れる新しい大人カバン、ビジネスバッグのラインを考えてください、吉田カバンさん。フェリージとか軽そうだし、大人感があって良いと思うんですが、やっぱり日本のカバンを海外で持ちたいですよね、それもオリジナリティーとコンセプトのあるやつ。

自己主張の要素としてパフュームがあると思うんですが、あまり最近の人は使わないみたいですね。ヨーロッパでは、つけて当たり前で、自分の一部となっています。ビジネスで相手側の人がどんなパフュームをつけていたか、今でもなんとなく覚えています。やっぱり日常的に使った方が良いと思います。ただし鼻の痛くなるような攻撃的なヤツはやめてください。
私は、オリエンタルティックで優しい線香みたいなのをもう35年以上使っています。
高校時代まわりはアラミスばかりで、その後900が流行って、でもあの頃はパフューム当たり前だったんですね。
画像
画像

ガングロが、渋谷を席巻していた頃、パリのシャネルの前や、グッチの前で彼女たちがあのままのスタイルで たむろしていました。行き交うフランス人や観光客が写真を撮っていました。彼女達何のために行ったんでしょうね?
ロンドンのカーナビーstなんかには分かり易いパンクの人達がいて写真を撮ると、お金を要求してきますが、彼女達はそんな様子もありませんでした。
自己主張と自分たちの文化を広めに行ったんでしょうか?今ならもっとウケるかも。

日本文化、サブカルがフランス、イギリス、ドイツなどでブームだとよくテレビで見ますが、結構以前から日本のファッションは認知されていました。例えば先に話したギャルソン、ヨウジ、ケンゾーや、原宿テール、カラス族などです。サブカルチャーは、結構以前から日本のアニメが普通にテレビで流れていたりしました。ラーメン屋はパリ、ロンドンには随分と前からあるし、パリのオペラ座の近くには山田うどんが数店ありました。

今は音楽、ファッション、食べ物、園芸、習慣、生活様式に至るまで注目されているのですから、ドンドン海外に進出して勝負に出るべきだと思います。日本国内でじっとしていても、中々経済が好転するとは思えないし、国内だとただの日本人ですけど、まだまだ日本人に魅力を感じてくれる国が世界にはたくさんあるはずです。

私たちの頃は終身雇用という言葉があったりして、会社勤めで出世して、会社のために頑張るという時代でしたが、そんな時代は1900年代で終わっています。私もその時代の狭間で苦労させられました。今は自分のために何ができるかを考えて、できるだけ早く行動を起こす時代だと思います。別に海外に行く必要性はありませんが、現状と将来を考えて、行動を起こすことは重要だと思います。 頑張れ日本の若人!!

今回のブログはここで一息。また時間を作ってもっとマニア編を始めます。
大好きなコヨーテを最後に。
画像

画像

この記事へのコメント

2015年10月19日 21:37
コメントを残すか迷いながらも
勇気を出すことで少しだけでも何かが変わったらいいな?そんな気持ちで書き込みました(。?∀?。)
かなり緊張してたんですが、その緊張感が私を悩みから少し開放してくれたんです(涙)

なのですごく感謝してます!
本当に少し前まで頭の中には悩みのことばかりで、考えても考えも解決策なんて見えなくて
ドツボにハマるってこういうことなのかな?という感じでした。

でも、ふと立ち止まったブログでこんなにも気持ちに変化が生まれるなんて(´ω`*)

25shizu25@ezweb.ne.jp

急なコメントで戸惑わせてしまっているかもしれませんが、心の奥に仕舞い込んでる気持ち聞いてもらうことって出来ませんか?

解決どうこうではなくて聞いてもらえたらなって気持ちでいます。
良かったら連絡下さいね。

この記事へのトラックバック